不安神経症でも生きてきた

不安神経症を21歳で発症して四半世紀以上経ちました。予期不安のみになり服用がなくなってからは18年。診察内容や認知行動療法での治療について、また、日々の思いなどを書いています。

ACの人のツイートで気になるツイを見た。



確かに最終的に自分を救うのは自分だ。

でもね、自分で助けるにも、やり残し症候群をなんとかせんと
助けることも出来ないんだよね。

自分の中の小さな自分(インナーチャイルドというらしい、知らんわw)を
抱きしめてくれる人が見つかって、抱きしめて安心させてもらわなかった
子供時代をやり直さないと。


私はそういう人を男性に求めて、ずっと探していたんだと思う。

親代わりだから、全てを包み込み許してくれなくてはいけない、
見捨てられてはいけない、無償の愛でなくてはいけない、

そしてそれが永遠でなければいけない。


そんなこと求めているから、うまくいくどころか、
不安症状もひどかったから、修羅場修羅場・・・・・


でも見つけた。今の相方。
正確に言うと、高校生の時にすでに出会っていたんだけど、
見つけたと感じたのは、9年前から再び一緒にいるようになってから。


自分の中の小さな自分は、親代わりの相方に抱きしめられて、
やっと満足した。

親代わりの相方がいなくなっても、そのことには代わりないから、
例え相方が先立っても、もう違う誰かを探す必要はない。

もちろん、全てなかったことにはならないから、未だに時々小さな私が泣く。
でもきっと大丈夫だと思う。


それよりも一番恐怖なのは、その親代わりの相方に失望することだ。

全てが間違いで、また全てを無くし、彷徨うことになる。
だから、失望させないで。









またまたまた毒親にいちゃもんつけられた。

烈火のごとく言い返して相手した。

「なんだそれは、人を馬鹿にしとんのか、
お前の思考がおかしいから、責められとると思うんだろが!」

そしたら、

「そこまで怒ることか」とか、それはまだしも、、、

「親に対してその口のききようはなんだ!」

と毒親の定番のセリフが出るんで怒りながら笑った。
全く自覚がないから、人につっかかって不快にするんだろう。

人を不快にさせる天才だな。

こっちは、道で向こうからぶつかってこられて、
喧嘩ふっかけられるような災難だ。

よく父親もそれでキレることがある。

幼い頃は、そんな父が悪者だと思ってたけど、
何もかもわかったら、元凶は母親なんだと理解した。


さて、毒親 の口をふさぐには・・・・・

お金しかないだろうな。

お金なんている分だけあればいいけど、
頬を札束ではたいて、部屋中にばらまいて拾わせたい、
その一心だけで大金欲しいって思う

8月28日に精神科を受診して、2週間しか経ってないのに、
今週月曜日(9月11日)また受診した。

不安が減るどころか増えてしまったから。

(受診した時には少し減っていたが・・・)


その不安が増えてるというのに、先週水曜日事件は起きた。

詳しく書くと長くなるから簡単に言うと、、、
ドクハラ&看護師ハラスメントにあったのだ。

病院を出た途端涙が溢れてきて、
その病院を受診した時に行く調剤薬局の顔見知りの薬剤師さん(女性)
に泣きながら話した。


「感情のコントロールが出来ませんでした」

と精神科で話したのだが、どうもその時、4ヵ月ぶりに来た生理のPMSだったみたい。
不安が増していたのは、PMSも重なっていたのかも。
それだけではないとは思うけど、かなりひどかった。


で、U先生は何と言ったかというと、、、、


心配を減らそうとして、心配を増やしている。
自分で自分を苦しめている。
自分の為になることをしなくちゃ。
非建設的なことしていないで、有意義に時間を使わなくちゃ。



自分で自分を苦しめているか・・・・

ずっと前、臨床心理士の資格を持ってる人にも同じようなこと言われたな。

自分で自分を傷つけてる、って。


なんだよ私。。。。




↑このページのトップヘ