不安神経症でも生きてきた

不安神経症を21歳で発症して四半世紀以上経ちました。予期不安のみになり服用がなくなってからは18年。診察内容や認知行動療法での治療について、また、日々の思いなどを書いています。

8月28日に精神科を受診して、2週間しか経ってないのに、
今週月曜日(9月11日)また受診した。

不安が減るどころか増えてしまったから。

(受診した時には少し減っていたが・・・)


その不安が増えてるというのに、先週水曜日事件は起きた。

詳しく書くと長くなるから簡単に言うと、、、
ドクハラ&看護師ハラスメントにあったのだ。

病院を出た途端涙が溢れてきて、
その病院を受診した時に行く調剤薬局の顔見知りの薬剤師さん(女性)
に泣きながら話した。


「感情のコントロールが出来ませんでした」

と精神科で話したのだが、どうもその時、4ヵ月ぶりに来た生理のPMSだったみたい。
不安が増していたのは、PMSも重なっていたのかも。
それだけではないとは思うけど、かなりひどかった。


で、U先生は何と言ったかというと、、、、


心配を減らそうとして、心配を増やしている。
自分で自分を苦しめている。
自分の為になることをしなくちゃ。
非建設的なことしていないで、有意義に時間を使わなくちゃ。



自分で自分を苦しめているか・・・・

ずっと前、臨床心理士の資格を持ってる人にも同じようなこと言われたな。

自分で自分を傷つけてる、って。


なんだよ私。。。。




今年はなんやかんやと、すでに精神科を4回受診している。


とその前に、前回なぜにあんな記事書いた?
そのうち削除するかも・・・・


今年精神科を受診したのは、記事にした2月と、、、

あれから5月と7月にも受診しているのに、記事にしていない!
そのうちそのうちと思ってるうちについつい・・・

先月半ば頃、疲れからめまいがして倒れてから、
疲れやすくなっていて、今月4日に予定外のことが2つ重なって疲れ果ててしまい、
1週間寝込んだ。起きていられないほどの強い倦怠感。

それ以来、頭の締め付けがさらに強く、ふわふわふらふらが酷い。
不安感も出てきて、受診したかったのだが、お盆休みに入ってしまい、
昨日やっと受診。


なんかねー 先生やる気あるの?
途中あくびかみ殺したよね?

そりゃ、私が結論まで言ってしまうから。
言うこともなくなっちゃうよね。


今回先生が言ったこと。

頑張りすぎちゃったね
暑いからね
力み過ぎ
そんなに急がなくていいよ


「頑張りすぎちゃったね」

これは倦怠感で寝込んでたからでしょ。

「いえ、特に頑張ってません。普通の人に比べたら全然動いてないです」
って答えた。

頑張りすぎちゃったねって、陳腐な言葉でやだな~

「力み過ぎ」

そりゃこんだけふらふらくらくらしてるからさ。
でもこれ先生が前回言ったように、意識してやってるんじゃないから
治せないよね。

「そんなに急がなくていいよ」

これは、「先生治りますよね?このままだったらどうしようって思って」と訊いたから。
ただ安心したくて、訊いただけだけど・・・・

あと、このふらふら、暑さと不安どちらからですかって訊いたら
「両方」って言われた!!

暑いとエネルギー使うからね、って。

涼しくなれば多少治まってくるってことみたい。


ね、なんか精神科医っぽい言葉ないよね。
そんなに心配してないってことなのか?
私に深刻さがないのかも知れないけど。

今日ふと思い出した。

あれは、あの人が送ってきたと思ってたけど、
ひょっとしたら奥さんが送ってきたのかも知れない。

あれ、というのは“結婚しましたハガキ”
そしてこの彼との話が唯一、具体的に書ける話。
(他は泥沼過ぎる・・・・・)



その彼と知り合った時、彼は何かに悩んでいた。
というか影があった。

私はそういう人が好きだ。明るく社交的な男なんて勘弁。

知り合った時の関係はというと、同僚。
彼女がいるのか確認した私。


「付き合ってる人いるんですか?」

「(最近まで)いた。けど自分がそう思っていただけかも・・・・」


あ・・・そんなこと言われたら・・・ 私は後戻りできなくなった。
だってとても悲しそうだったから。

それから彼とちょくちょく飲み歩くようになり、
ほどなくして恋人関係に。


彼が酔って私のことをぼそっとこう言ったことがある。

「救いの女神だ」って。


今こう書くと、何言ってんの、、、と引くような言葉だけど、
その時の私は、彼の暗闇を確信した。

だから、私と別れた後、数か月して付き合ってる人がいると聞いた時、
以前付き合ってた人じゃないかと直感で思った私は、

「彼をまた悲しませたら許さない」と強く思った。

悲しました彼女だったら、、と思うととても心配で仕方なかった。


別れて数か月後の私の誕生日。
別れる前に私が誕生日プレゼントを渡したからなのか、律儀にプレゼントをくれた。

ユーミンのコンサートチケット。


私は全然ファンじゃないんだけど。。

コンサートが終わり駐車場に行くと、なんと少し離れたところに彼の車が!
そして少ししたら、女性と一緒に彼が車に戻ってきた!!

こんな広い駐車場でよりによってなんで、こんな近くに停めてるの・・・・


私はとっさに、彼の下の名前を呼び捨てに呼んだ。
普段は苗字にさん付けで呼んでいたのに。

彼とは親密な関係だったと知らせたかったのだ。

少し離れていたけど、隣にいた女性にもしっかり聞こえていただろう。



そしてそれから1年も経たないある日。。。冒頭の結婚しましたハガキが送られてきたのだ。
(注:その前に私は会社をやめている)

彼の隣でウェディングドレスを着ている女性は、他の同僚も見間違うほど私に似ていた・・・・

私は身代わりだったのだろうか。
そしてあのハガキは、奥さんが送ってきたのだろうか。
あの時名前を呼び捨てに呼んだのは同僚だと聞いて。

今さらどうでもいいことだけど、ふと今日思い出しそう思った。


そして、彼が幸せかどうかも、どうでもいいけど、
私と付き合った後に付き合った女性は、それはそれは天使に見えただろう。

でも、私もあなたとじゃない人とは、幸せで居るんだ、
と言いたい。


↑このページのトップヘ