不安神経症でも生きてきた

不安神経症を21歳で発症して四半世紀以上経ちました。予期不安のみになり服用がなくなってからは18年。診察内容や認知行動療法での治療について、また、日々の思いなどを書いています。

またまたまた毒親にいちゃもんつけられた。

烈火のごとく言い返して相手した。

「なんだそれは、人を馬鹿にしとんのか、
お前の思考がおかしいから、責められとると思うんだろが!」

そしたら、

「そこまで怒ることか」とか、それはまだしも、、、

「親に対してその口のききようはなんだ!」

と毒親の定番のセリフが出るんで怒りながら笑った。
全く自覚がないから、人につっかかって不快にするんだろう。

人を不快にさせる天才だな。

こっちは、道で向こうからぶつかってこられて、
喧嘩ふっかけられるような災難だ。

よく父親もそれでキレることがある。

幼い頃は、そんな父が悪者だと思ってたけど、
何もかもわかったら、元凶は母親なんだと理解した。


さて、毒親 の口をふさぐには・・・・・

お金しかないだろうな。

お金なんている分だけあればいいけど、
頬を札束ではたいて、部屋中にばらまいて拾わせたい、
その一心だけで大金欲しいって思う

8月28日に精神科を受診して、2週間しか経ってないのに、
今週月曜日(9月11日)また受診した。

不安が減るどころか増えてしまったから。

(受診した時には少し減っていたが・・・)


その不安が増えてるというのに、先週水曜日事件は起きた。

詳しく書くと長くなるから簡単に言うと、、、
ドクハラ&看護師ハラスメントにあったのだ。

病院を出た途端涙が溢れてきて、
その病院を受診した時に行く調剤薬局の顔見知りの薬剤師さん(女性)
に泣きながら話した。


「感情のコントロールが出来ませんでした」

と精神科で話したのだが、どうもその時、4ヵ月ぶりに来た生理のPMSだったみたい。
不安が増していたのは、PMSも重なっていたのかも。
それだけではないとは思うけど、かなりひどかった。


で、U先生は何と言ったかというと、、、、


心配を減らそうとして、心配を増やしている。
自分で自分を苦しめている。
自分の為になることをしなくちゃ。
非建設的なことしていないで、有意義に時間を使わなくちゃ。



自分で自分を苦しめているか・・・・

ずっと前、臨床心理士の資格を持ってる人にも同じようなこと言われたな。

自分で自分を傷つけてる、って。


なんだよ私。。。。




今年はなんやかんやと、すでに精神科を4回受診している。


とその前に、前回なぜにあんな記事書いた?
そのうち削除するかも・・・・


今年精神科を受診したのは、記事にした2月と、、、

あれから5月と7月にも受診しているのに、記事にしていない!
そのうちそのうちと思ってるうちについつい・・・

先月半ば頃、疲れからめまいがして倒れてから、
疲れやすくなっていて、今月4日に予定外のことが2つ重なって疲れ果ててしまい、
1週間寝込んだ。起きていられないほどの強い倦怠感。

それ以来、頭の締め付けがさらに強く、ふわふわふらふらが酷い。
不安感も出てきて、受診したかったのだが、お盆休みに入ってしまい、
昨日やっと受診。


なんかねー 先生やる気あるの?
途中あくびかみ殺したよね?

そりゃ、私が結論まで言ってしまうから。
言うこともなくなっちゃうよね。


今回先生が言ったこと。

頑張りすぎちゃったね
暑いからね
力み過ぎ
そんなに急がなくていいよ


「頑張りすぎちゃったね」

これは倦怠感で寝込んでたからでしょ。

「いえ、特に頑張ってません。普通の人に比べたら全然動いてないです」
って答えた。

頑張りすぎちゃったねって、陳腐な言葉でやだな~

「力み過ぎ」

そりゃこんだけふらふらくらくらしてるからさ。
でもこれ先生が前回言ったように、意識してやってるんじゃないから
治せないよね。

「そんなに急がなくていいよ」

これは、「先生治りますよね?このままだったらどうしようって思って」と訊いたから。
ただ安心したくて、訊いただけだけど・・・・

あと、このふらふら、暑さと不安どちらからですかって訊いたら
「両方」って言われた!!

暑いとエネルギー使うからね、って。

涼しくなれば多少治まってくるってことみたい。


ね、なんか精神科医っぽい言葉ないよね。
そんなに心配してないってことなのか?
私に深刻さがないのかも知れないけど。

↑このページのトップヘ