不安神経症でも生きてきた

不安神経症を21歳で発症して四半世紀以上経ちました。予期不安のみになり服用がなくなってからは18年。診察内容や認知行動療法での治療について、また、日々の思いなどを書いています。

今日ひょんなことから言い争いになった。
もちろん私対両親。

多数決で悪が正となる我が家。

いつまでも子供の私を見下し抑えつける両親。


しかも、

本当なら食べさせてもらう年齢だ」と父親がのたまった。


異常だ。その異常さに気付いてない両親。


病気(不安神経症)にならんかったら(させられんかったら)
いくらでも食べさせれたわ!!」


これだけでは収まらない、


死んでもいい、見返してやるからな!!
この何十年病気で、どれだけ悔しい思いをしてきたかわかるか!」



自分たちが病気にさせておいて、食べさせてもらえんておかしいだろ。

今もいばってるのは、全てお金のせい。
食べさせてやってる、そう言うのだ。ずっとそう言う。

父親は今年75歳になるが働いている。
今は、近所の造園屋で庭師として来てくれと頼まれ行っているが、
どうもしんどいのか、働かんと食べていけんだろと言いつつ
本当は働きたくないのだ。

別に年金で済むのに、浴びるように飲む酒代をとやかく母に言われ
働いてるだけ。そんなの知るか!

先日はゴルフのコースに行くのに、母にぐちぐち言われ、
「みんな毎月ゴルフにいっとるわ」と言う身の程知らず。


私が稼いで経済力をつければ、あの口をふさぐことが出来る。
それが全てだ。

去年かなり稼いだが、父親はこう言った。

「一時だけだろ」


死んでもいいから、稼いで見返したい。


でもそうなって死んでも、びた一文両親にも妹にも残すことはしない。
遺言書にそう書いておく!!


悔しくて死にそうだ。

彼に電話する。

「うちの両親異常でしょ?」

「お父さん食べさせてやってるは言っちゃダメだよね。
でももう泣くな、おかしくなっちゃうよ」


彼だけが救いだ。
私が正常で、両親が異常だということを認めてくれる。

いや、ネッ友に話しても、私が気付かなかったことも異常だと言ってくれる。


「病気で長いこと仕事出来なかった娘が、やっと稼げて
おごれなんて言えないよ、異常だよ。普通、自分に使いなさいって言うよ」

そう言われた。


私は親に毒されている。

家に火をつけるのも、、親殺しする人間の気持ちもよくわかる。


そうだよね、やっぱり私は孤児だ。







すっかり書くのを忘れていた・・・・・


5月13日に久々精神科受診したんだった・・・・・

おかしいな、カルテ覗いたら前回の日付が9月だったと思ったけど、
このブログには8月29日に受診って書いてある。

めまいで入院して不安が増してしまったと話した。



「それまでは結構活動的だったのに・・・・また徐々にそうしていけばいいですよね?」

「別に徐々じゃなくていいよ、以前通りにすれば」


なんだか以前より症状は強くなってるのに、
行動は増えてるから、変なの~と思う、

と言うと、「入院すればいいや」って思ってるからだよ、と言われた。

その割には、頭の締め付けもふわふわも前よりひどいんだけどな・・・・・・・・・


「先生私って、対処出来たんですよね?父に乗せて行ってもらったけど
病院に行けたし」

「そうですよ」


と確認。というか認めてほしくて言ってみた。


「先生、まためまいがしたら、病院行けばいいんですよね?」

「そうですよ」


そして、「じゃあ、また電話してください」

で終了。


その日は帰りにまたコメダ珈琲店に寄って帰った。

そして、なぜか帰宅してから、ひどくえずいた日だった。



以前診察の時にそう言われたことがある。

え?私が?

と驚いた。


「部屋の掃除だって、完璧には出来ないの。
ちり一つなしにするなんで出来ないでしょ?」

と言うU先生の言葉に納得。



完璧とまでは行かなくても、完成度を高くしたいから、
なかなか手がつけられない。

失敗したくないから、挑戦も出来ない。

やる前から、考え過ぎ。


だから、すごくノロい。

そんなこんなしてたら、やること山積みになってしまったよ~~~~~


今日は完成度低くていいから、ちゃっちゃっと片づけようかな~



あ、あとね、目標が高いからなかなか達成出来ず、
その途中にある小さな区切りにも満足出来ない。

これってどうなんだろ。


だけどさ、低い目標なんて、小さな満足なんていらないわ。


思い出した!
0か100か、全てでなければいらない主義だったんだ。
20代の頃はそれがひどかった。今はそこまでではないけれど、
その傾向はある。

これって完璧主義そのものだよね・・・・・


ああ、もうこれ一生このままだろうな~

↑このページのトップヘ