不安神経症でも生きてきた

不安神経症を21歳で発症して四半世紀以上経ちました。予期不安のみになり服用がなくなってからは18年。診察内容や認知行動療法での治療について、また、日々の思いなどを書いています。

長引く腹痛であちこち受診して、大腸CTを実施してる消化器内科で
検査を入れられ、どうにも保険適用の下剤2リットルを飲む自信がなく、
前日にキャンセル。

保険外の下剤+造影剤での検査の予約を改めて入れる為、
再度受診することになっているが、それも不安で精神科の予約を入れた。

2015年8月29日(土)精神科受診

経緯を話すが、U先生聞いてんだか聞いてないんだか。

「先生は大腸検査受けたことあります?」と訊いてみる。

「そんな面倒なことしない」


・・・・・・・・・・・・。


「乳がんの術後5年の検査が先日異常もなく、やっと5年クリアしたところで、
次は大腸がんだなんて、気が休まりません」

みたいな事を言ったら、

「どうして大腸がんになってんの」


もうこりゃ、診察というよりただの愚痴話になっちゃってるのかな・・・・・・

埒が明かん、と両者思っただろう。
最後U先生が「不安を一つ消しておきますか」と言って終了。

要は不安なら受けてみたらいいじゃん、ってこと。


来週総合診療科の予約が入っているので、その時にS主治医に聞いてもらおう。
S主治医は、こうこうこうだからこう、とはっきり&きちんと説明して安心させてくれるから。
頭で理解して安心したいのだ。


ああ、めんどくさい奴!!
これ飲むのね、と言われた通り下剤でも飲み、
ここ寝るのね、と言われた通りCT受ければいいんじゃんねー

なんで前持って想像して最悪な事態に陥ること想像して不安になってんの!

こんなことより、ずっと大きな事今までいくらでもあったじゃないか!!


精神科に通い始めた頃、行動的ではちゃめちゃで、
U先生に「頼もしいね」と言われた私、どこ行ったー

あれはまだ、不安にふりまされる前だったからか・・・・予期不安ってほんと嫌だ。





私は“立派な人間”になりたいと、一度も思ったことはない。


「偉いね~」なんて言われたくもない。



どうぞ、蔑んでくれていい。

深い深い海の底にいるようだ。

先月15日くらいから一週間ちょっと、倦怠感が取れず
あちこち罹っている科へ電話したのだが、
精神科もその一つ。

疲れているのに夜中外出して、それで疲れきったんだろうけど、
なぜにこんなに続いたのか、そう訊くと、

「急に暑くなったから、体が慣れてなくて、自立神経がついていけてなかったんだね」

と言われた。


そんなことあるかいな。
慣れてないだろうけど、そこまで?

そう思った。

思ったんだけど、先週また夜中相方に会ったのだけど、
前回のように寝込まなかった。
いつも通り、2~3日疲れとふらつきが増えただけ。

う~ん・・・・・・暑さに慣れたから?


私は不安神経症だから、人より自立神経が狂いやすいのだと思った。

「先生、自立神経を鍛える方法ってないですか?」

「ないよ」

あまりにも即答で、思わず机に倒れこんだ(笑)



この日は、支度で化粧してたら、くら~っとなった。
大騒ぎしようと思ったけど、その一瞬だけ。そんなことは過去にもあったっけ・・・
そう考えたら、別に騒ぐことでも、、、、と言いつつ、久しぶりに家の人に付き添いを頼んでしまった。
悔しい・・・・・


その事と、いつもより締め付けもひどく、ふわふわもひどいというと、

「それは不安からだけじゃないと思うよ」

なんてU先生言うから、えっ、何?と不安になったら、

「暑さに慣れてないのもある」

と、これまた暑さのせいにされた!!


結局、「焦らずゆっくりいけばいいよ」と言われておしまい。


その日は新患の人も待合室にいたし、
それ以上話してても仕方ないので、いつものように

「じゃあまた電話(予約)します」と言って出てきた。


帰りは、またまたコメダ珈琲店でシロノワール。


でもU先生の言った通り、暑さに慣れてきたのか、
平常通りになった、と思う。

来週は総合診療科の予約が入ってるし、
S主治医にも聞いてみよう。

甲状腺の血液検査も入れた方がいいか、忘れず訊かなくっちゃ。

↑このページのトップヘ