不安神経症でも生きてきた

不安神経症を21歳で発症して四半世紀以上経ちました。予期不安のみになり服用がなくなってからは18年。診察内容や認知行動療法での治療について、また、日々の思いなどを書いています。

随分前のことなので、曖昧な部分が多いですが、書いていきます。


精神科に罹り精神安定剤を服用しだして、3年?くらいした頃だろうか、
いやに眠気が出るようになった。
それだけでなく、ふらつきも増え、何かおかしい。

受診すると、薬が効き過ぎているという。

不安神経症の状態が良くなってきてるから、今まで飲んでた薬で眠くっているということ。


そこで、それまで飲んでいたワイパックスより軽い薬が処方されると、
それが効いたようで、しばらくは普通にまた過ごせるようになった。


でもそれはほんのしばらくのことだった。

ちょうどバブルがはじけた時で、3年務めた会社をリストラされてしまい、
数カ月後新しい仕事を見つけたのだが、とにかく体調がおかしい。
体調というか、不安症状がひどくなってしまったのだ。

とても続けることが出来ず、すぐに退社。

それからは仕事もせず、当時やっていたフラメンコのレッスンに通う日々。

1年ちょっとそんな月日が流れ、フラメンコの発表会が終わった頃、
さらに不安症状がひどくなっていき、フラメンコも出来ないくらいふらつきだした。

それからは自宅に引きこもるように。

なのに、不安神経症自体は良くなってるというのだ。
こんなに心身ともに症状が出てるのに!


納得いかない私にU先生はこう説明した。

今までは病気が重い分、薬で抑えることが出来ていた。
だが病気が軽くなってくると薬も軽くなってくる。

不安は一定ではないから、強い不安の時もある。
でも薬が軽いから、その幅を超えた不安をカバーすることが出来ない、と。


軽いわけがない。

そう思った。
なのに薬はどんな軽いものを飲んでも眠くなってしまう。

最後に今までとは効き方が違う薬、セディールとやらが出た。
「これは眠くならないから」と。

なのにそれさえ眠くなる。

「もう飲まなくてもいいよ」と言われても、そんなの恐ろしい。

私は最後錠剤を1/8に割ってまで飲んでいた。


あれは絶対精神安定剤の依存に違いない。

長期に飲めば絶対依存性が出る。


1995年。阪神大震災があった年。
通院を初めて約6年。27歳。

それから今まで以上の地獄が始まった。


-----------------------------

これを書いているだけで、いつもと違う不安が込み上げるので、
調子のいい時しか書けないかもしれません。。。。。

というか、序の口のこの記事でこれじゃあ、
過去のことは書くのは、これ以上無理だと思います。

記事にするのを忘れていました・・・・
先週の月曜日、精神科受診したんでした。
と言っても、『不安』についての話はなし。
その一週間前、起床したらめまいがして、夕方まで調子悪かったことについて話した。

予約外で受診した総合診療科では、寝不足続きと夜中の外出が祟って、
体調が整ってなかったのでしょう、とまた生活指導。

でもU先生は違う見解。

血圧が上がってないうちに起きたからでしょう
交感神経が働かないうちに起きるとふらつくことがあるよ」

ようは起立性低血圧って言ってるみたい。
7年くらい前、失神したことが2回あって、それも起立性低血圧って言われた。

あれはなんだったのかと、総合診療科の主治医に話したら、
血管迷走神経失神と言われた。
私もそれだと思ってる。だって「あ!」と思った時には床に倒れてるんだよ?
真下に落ちるの。失神だよね。

と、今ぐぐってみたら、どちらも脳に血液が行かなくて倒れるのは同じだ。

こちらに詳しく書かれている→
血管迷走神経反射とは副交感神経の働きが不適切な時に起きてしまうものです。通常、哺乳類はストレスがかかると交感神経の働きが活発化します。しかし、ストレス時に副交感神経の働きが活発になることがあり、これを血管迷走神経反射といいます。
軽症レベルから重症レベルがあり、重症レベルの場合は失神してしまいます。
発症する状況はストレス下が多いです。具体的には過労、脱水、長時間の立位、起立、空腹、痛み、採血、恐怖などがあげられます。

※リンクと引用させて頂きました。

トイレを我慢してて、トイレに行った後になることもあると
総合診療科の主治医は言ってた。

10代の頃は、電車に乗り遅れるからと猛ダッシュで自転車で走り、
電車に乗った途端、目の前真っ暗冷や汗ダラダラということが度々あった。
アクセサリーショップでバイトしていた時も立ちっぱなしで居たら、
目の前が真っ暗になって、それでも一人で店番の時だったので
そんな状態で店長が戻るまで接客してたっけ。

脳貧血だと思ってたけど、血管迷走神経失神の前兆だったのかも知れない。
区別が難しい。

この病気はまた別の話としておいておいて、、、、

先日のめまいは、体調不良が原因だったのか、起立性低血圧だったのかだが、
起立性=脳貧血なら夕方まで調子が悪いはずないんだよね。

どちらにしても私って、不調がめまいに出るから嫌。
何も私が一番恐れてるところに出なくていいのに。

そういえば普段だって、血が引く手前ってことあるわ・・・

自立神経ってどう鍛えたらいいんだろう。
腹式呼吸もいいなんて聞いたことあるけど。

ほんと私ってひ弱。
虚弱ってやつ。こればっかりはもうどうにもならないんだよね。
不安神経症がそれを増幅させてるんだけど。

そしてU先生にも生活指導されてしまった。正確に言うと睡眠についての指導。
前にもされてたこと忘れてた。
2人の主治医から同じこと言われてるじゃん・・・・・


それともう1つ。
私は最近気圧が低いと、眠くて仕方ない。
これも、交感神経が活発に働かないことが原因なんだとか。
不安神経症だから、交感神経がいつも活発かと思ったら、そうでもないようだ。


子供って望んで産むのではないのか?

心身共に大変なのはわかるけど、なぜにそれを切々と訴え認めてもらわなきゃいけないの?
動物として子供を望み産めたことは幸せじゃない。

 

私は育った環境から、それ以前に産みたいとさえ思わない人間に育ち、
(純粋に子供が欲しいと思ったことがない)

例え妊娠しても、投薬を中断すれば生きることが困難になる為出来ず、
子供を産むという選択肢のない人生を生きてきた。

それは仕方がないと思ってはいる。
そういう親の元に産まれてきた、私の定めだと。

それなのに、ずっとその親から欠陥品扱いされている。
子供を産み育てる大変さを知らないくせにと。

子供を望むのに、産めなかったとしたら、
多分殺したい衝動に駆られてただろう。

だけど私は産みたいと思ったことがない。

※加筆

妊娠出産自体恐ろしいと感じるし、
何より自分自身、子供の人生に親が大きく影響してくることを
嫌というほど味わって(苦しんで)いるので、
とてもじゃないが、子供の人生の責任を取れないと思うのが一番の理由。

※ここまで

だから、産んだかどうかより、産みたいと何の疑問もなく思い、
そして産んで育ててる人の幸せを見せつけられると、
どうしようもない劣等感に襲われる。

 

産みたいと思わず生きてきたことに劣等感を感じるのだ。

土曜日の産婦人科は地獄だ。
家族連れで来ている妊婦さんが多いから。
前回年末の土曜日に行ってしまい、待合室で苦しくなり涙を堪えて座っていた。

私はあの親の立場だけでなく、
子供の立場にもなれなかったんだと。

 

この強い劣等感は一生無くなることはないだろう。

そして冒頭の話に戻る。

切々と大変さを討ったえる人って、そう言いながら
子供を持てた幸せはちゃんとわかってるんだよ。

「子供なんて居ない方が気楽でいいわよ~」と言いながらね。

 

じゃあ、あなたは望まれて産まれてきたんじゃないの?と言いたいだろう。

残念ながら、

結婚したら自然と子供は産まれるもんだ、
とやかく考えるもんじゃない、

と産んだ人から言われたんだよね。

 

そして自己憐憫に襲われる。
毒親に育てられたACの人間は、自分の中の小さな子供を抱きしめてくれる人を
探すだけで一生が終わってしまうのだろう。

↑このページのトップヘ