2015

診察後すぐに書かないから、内容を忘れつつある・・・・・
後で編集すると思います。

2015年4月3日(金) 精神科診察


前の週から調子が悪く、今週(先週)は低気圧のせいもあるのか、
特に調子が悪いと話す。

眠気がひどく頭がぼーっとしてること、頭の締めつけが更にひどく
それに比例してふらつきもひどいこと。

不調の原因は不安?低気圧?


「先生私どこか悪いんでしょうか?やっぱり脳からとか?」

長引く不調に不安になり訊いてみた。(くどい・・・・)

「どこも悪くないよ(笑)」
やたら眠いと言うと、今何か薬を飲んでないか訊かれる。

バッグから薬のポーチを出し、調剤薬局から貰う薬の説明書を見せる。

「眠くなるような薬は含まれてないね」

あ・・・・ そういうこと。
何か処方する為に、現在服用してる薬を訊いたのかと思った。
私が低気圧のことを気にしていると、

気圧が低いと、交感神経が活発に働かないから眠くなるよ」

え、てっきり逆だと思った。
交感神経が活発に働いて不調が出るのかと。

不安を理由に行動を制限しない


以前は体調を崩しても、すぐに復活していたのに、
今は少し良くなったと思ったら、すぐにまた悪くなる。

そう言うと、U先生、体調をそのまま体調とったらしく

「今は長い時間動くように出来てないから。体力がつけば動けるようになるよ」

と言った。
私は体調が悪い=不安症状のことを言ったのだけど、
それを聞いて、やっぱり人より持久力がないんだと改めて思った。
以前に比べたら全然動けるけど。

以前は午後からは横になって過ごしてたし、半日でも外出したら2日は寝込んでた。

正確に言うと、体力がないんじゃない。
不安で過緊張になってるとそれだけで、体力を使い切ってしまう。
だからもたないんだよ。

U先生だって言ってたじゃない。不安だと広い筋肉を使うって。
背中とか腿とか。だから疲れるって。

で、実は水曜日、デパートに洋服を買いに行く予定だったのに、
この体調(不安感と不安症状)で、それを取りやめたことを話す。

「不安でも予定通り行かなきゃ。不安だからって行動を制限しないこと」

そんなこと言われても・・・・

「多少の不安なら出掛けられるんですけどね・・・」

不安だから何も出来なくなるわけじゃないと、知らなきゃ」

人は1つの事しか考えられない


診察の終わり頃、頭の締め付けが本当にひどいと訴えてみた。

「何か他に集中出来ることないかな?体を動かすことの方がいい」

またそれ?
何かしながら、不安のこと考えることは出来るんだけど・・・・

「人は1つの事しか考えることは出来ないからね」

ああ~、そういうことか。

ほら、男性は1つのことしか出来ないけど女性は2つでも3つでも
出来るって言うじゃない?

そうじゃなくて、考える事は1つってことなんだ!

確かにそうだよね、、、、うんうん。
なんかすごく納得しちゃった。

・・・・で、何する?
明日は買い物に行く予定
行先の候補は3つ。明日の体調で決めるつもり。
U先生の言う通りにするなら、どこか決めておいて、
不安がひどかろうが、予定通り行くってことなんだよね・・・・。

まだ怖いので少しづつ暴露するってことで、近場にしようかな?

考えても仕方ないか。どうにかなるでしょう。